雪華(池坊)いけばな教室案内

いけばなをはじめましょう!

いけばなの根源 池坊
       550年の伝統
    それは今も新しい


Origin of Ikebana Ikenobo 誇るべき日本文化<いけばな>を通して心と技を磨き
ましょう!
確かなカリキュラムと信頼できる絶大な家元池坊をバックに、学べる楽しさを
ぜひ、実感してくださいね。


始めたその日から「いけばなのある暮らし」 さあ!はじめましょう~♪



+++++++++++++ 楽しくレッスン、しっかり資格 ++++++++++++++

                       <基本コース>

 
     雪華(池坊)いけばな教室 <2010.3.16付更新>  

「雪華ホームページへ」

いけばなできる人って、かっこいい・・・って言われるかも。外見も中身も磨きたい

♪♪季節の花をご自分の手で、感じてみませんか。♪♪
♪♪いつもと違った時間の流れを、花の仲間と一緒に、感じてみませんか。♪♪
♪♪もちろん、資格も取れます。師範をめざしましょう♪♪


教室アクセス  住所:千葉県市川市大野町三丁目 
          JR武蔵野線「市川大野駅」 徒歩1分!     
          (JR京葉線とも乗り入れています)
          


おけいこ日   基本的に、月3回
          水曜日(午後14時~夜20時頃まで)
          木曜日(午前 9時~正午12時頃まで)
          *おけいこの振り替え日時等、多少相談に応じます


月謝       4,000円
          入会金4,000円
          *花材費別途必要
          
花材費      花代はお稽古毎に、その日の花材実費頂きます
          (通常のおけいこでは、1回1,500円前後をめどに、
          花材を選んでいます。生ものですので、
          急なお休みのときにも花材費は発生します。しばらく預かっています)
        

特典       初心者の方へは、お道具の相談、お受けしますので御心配なく
          お稽古時の花器は用意してあります。
          ご希望の方に、写真撮影の手助けをいたします
          お茶と簡単なお菓子つき
          ……花とともに安らぎの時間を!どうぞ。
          本会員になられるわけですから、
          時には厳しいこともあるかもしれませんが、表面的ではない、
          全面的バックアップをお約束します。
        
          ご質問等は、お気軽にどうぞ。初めてのことでしょうから、
          どんどん疑問を解消しましょう
        
          お待ちしております~♪


連絡先     携帯090-6685-2366
          e-mail:sekka8815963@neo.famille.ne.jp



大人気!
★★★お気軽に一回講習(体験講習)もあります(一般向け)★★★

     ~いけばな体験 Tea Room 完全予約制~

はさみ、花器はお貸しします 手ぶらでどうぞ
いつでも、時間が空いたときにご予約ください。水曜、木曜の上記おけいこ時間内で
お茶と簡単なお菓子つきで、リラックスしながら楽しみましょう
ハワイ産コナコーヒー、抹茶、紅茶からお選びください
ご希望の方には、いけばなの写真撮影のアドバイスも

◎一回講習(生花・自由花等、一般及び未入門者、体験講習:講習時間1時間ほど)
お持ち帰りの花材費込みの総額、3,800円


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


◎一回講習(立花・特別の花、一般及び池坊会員:講習時間3~4時間ほどかかります)
花代込みの総額、13,000円

◎一回講習(上記以外、行事等)
別途、委細相談


「雪華ホームページへ」
◎一回講習は、上記のホームページ「問い合わせ」より、お申し込みください。振込み先等をご連絡いたします。入金確認後、ご予約が完了となります。一度振り込まれた金額は、お休み等、アクシデントがありましてもご返済はできませんので、よく熟慮の上、お申し込みくださいませ。体験等、時間が空いたときに何度でもご利用いただけます。その都度、お申し込みください。



ご質問はお気軽に、上記のホームページ「問い合わせ」へどうぞ



f0083741_15202236.jpg

平成17年(’05年9月10・11)東都橘会支部青年部(東京)ミニ花展での出品作品










*******出張生けこみ等、詳細打ち合わせの上、承ります*******


だいたいの目安として、

◎特別出張生けこみ(一回)

◎半日の拘束時間(花材調達、往復の交通時間、生けこみの時間等、その他もろもろを含んで)の場合、
15,000円 + 花材・花器等実費(領収書お渡し) + 往復交通費

◎1日 〃
30,000円 + 花材・花器等実費(領収書お渡し) + 往復交通費

花の指定、目的、生ける場所等、ご希望に副えるように、打ち合わせいたします


○定期出張生けこみ(月3~4回)

基本的にお稽古等の花(こちらで指定)での定期生けこみがお得です
(原則片道1時間以内に限らせていただきます)

入会金・初期導入費用(花器・剣山等の代金用を含みます) : 10,000円
月額 : 10,000円 + 花材実費 + 往復交通費


○定期または、1回の体験講習のための出張講習(3人以上から)

花代、花材等込みで、お一人様:4,200円(花器、剣山等はご用意してください)各、一回の費用です





  

「雪華と、うふふ」のブログもお楽しみください。毎週のお稽古作品をあっぷしていますので、やむを得ずお稽古のお休みのときには、自宅からチェックしてください。また、交流の場として、ぜひ(コメント蘭に)ご参加お待ちしております!

「池坊全国いけばな教室検索」の鹿児島県・鹿児島市エリアをご覧ください!  池坊家元宛へのアクセスでもOK。

「池坊公式ホームページ」も、ご参考にどうぞ!
[PR]
# by Hi_sekka | 2012-12-31 14:00 | 教室案内

いけばなは楽しい!(雪華プロフィール)

「雪華ホームページへ」


私の親先生(師匠)のところへ通い始めてから30年ほどになります。教室を主宰するようになってから、もう16年めになろうとしています。

長い時の経過の中には(私にはあっという間ですが)いろいろな困難や挫折がありました。たぶん、どんなに満ち足りた生活のように見える方にとっても同じようなものでしょう。
そうしたときに一輪の生きた花が静かに語りかけてくれました。

それは、美しさや安らぎや生命の驚きや・・・計り知れないものがあります。私だけではなくて華道に携わる方が皆さん、同じことをおっしゃいます。花とともに生活することの楽しさを、あなたと共有できればいいなあと願っています。

いけばなは、あなたに、多くの手助けをしてくれることでしょう。多くの出会いを与えてくれるでしょう。

池坊いけばなは550年の歴史と伝統のある、誇るべき日本文化です。

同時に現代社会と密接にかかわりを持ちつつ変化している部分もあります。次世代のいけばなを担っていくのは、このページをご覧になっている「あなた」なのです。

私も、池坊の会員として、ますます精進しなくてはと思います。一緒に、楽しく学びませんか。('13.5月更新)


***********************
牧山雪華

1960年大阪生まれ

華道家元 池坊
東都橘会支部所属  
引立教授
 
職役 華 督

(財)池坊華道会 中央委員
***********************

雪華ホームページへ
[PR]
# by Hi_sekka | 2012-12-31 13:40 | 雪華プロフィール

真剣なまなざしを応援します

生けるときは真剣!うまく生け終わったら、満面の笑み!

f0083741_19423082.jpg

                                     (大阪での教室風景)
[PR]
# by Hi_sekka | 2012-07-09 20:17 | 教室風景

平成23年度 旧七夕会池坊全国華道展

毎年恒例のこの時期、京都家元で催される、池坊最大・最古の花展です。

来年2012年は『いけばな池坊550年祭』(以下は華道展パンフレットより抜粋)

*****
およそ1400年前、京都の中心に聖徳太子が創建したと伝えられる西国18番札所六角堂。
古来大勢の方が救いを求めて参拝されました。
その六角堂の池のほとりに住む僧侶が朝夕に仏前に花を献じていました。
僧侶はやがて「池坊」と呼ばれるようなり、六角堂からいけばなが広まっていきました。
1462年に池坊専慶が”花の名手”として、歴史上の文献『碧山日録』に登場。
その年から数えて、来年2012年は550年という節目の年にあたります。

池坊では、2011年11月から2012年11月までの一年間を「いけばな池坊550年祭」として
様々な行事を行います。
「平成23年度旧七夕会池坊全国華道展」はそのオープニングを飾る記念行事となります。
*****

20011年11月13日(日)・14日(月)、高島屋会場にて、小品自由花を出瓶しました。

平成23年度池坊旧七夕会全国華道展、雪華縮小版

[PR]
# by Hi_sekka | 2011-11-16 14:53 | いけばな作品集

いけばなの根源 池坊展 中研祭

2010年(平成22)4月16日(金)、17日(土)
京都家元での春の行事、<中研祭>にて、秋野古典立花教室より出瓶しました。


[PR]
# by Hi_sekka | 2010-04-28 17:14 | いけばな作品集

平成21年度 旧七夕会池坊全国華道展

毎年恒例のこの時期、京都家元で催される、池坊最大・最古の花展です。

旧七夕会とは
そもそもは、平安時代以降、宮廷で行われていた「七夕花合わせ」が元のようです。江戸時代以降、後水尾天皇は32世池坊専好を招き、宮中で大立花会をたびたび催しており、池坊でも七夕立花会を催す許しを得たのだそうです。江戸時代より京洛の年中行事として盛会だったとのこと。明治以降は、後水尾天皇の弔日の9月11日に代えて続けられ、そのときより「旧」七夕会となり、その後、花材の豊富な10月へと、また農繁期を避けて、現在の11月へと、開催期日を変えながらも、伝統の花会は今日まで続いているのです。

2009年11月15日(日)・16日(月)、池坊会場・WEST18ビル7Fにて、小品自由花を出瓶しました。

f0083741_939446.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2009-11-27 09:24

東都橘会支部青年部ミニ花展2009

2009年10月10日(土)、11日(日) 池坊御茶ノ水学院一階ロビーにおいて
東都橘会支部青年部と壮年部有志で、ミニ花展を開きました。
当日は予定にない、ハプニングで次期家元 池坊由紀様に、
一瓶一瓶御巡視いただくことができました。

「立花(りっか)」の原型となった、「立て花(たてはな)」の絵図より復元を試みました。


[PR]
# by Hi_sekka | 2009-10-20 09:29

おかげさまで、第二回社中展

2008年12月23日(火祝)24日(水)、名古屋市天白区原駅内「原ギャラリー」にて、第二回牧山雪華社中展(教室内の小さな発表会です)を催しました。今回は、私の師匠である親先生をお迎えして、私も古典立花に挑戦しました。

f0083741_12113816.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2009-01-05 21:34 | いけばなイベント

第二回!社中展(教室内の発表会)を催します。遊びにきてください。

「雪華ホームページへ」



第一回牧山雪華社中展

日時:2007年5月26日(土)午後1時~午後7時 27日(日)午前9時~午後6時
場所:地下鉄鶴舞線原駅内地下道にあります「原ギャラリー」にて
入場無料、作品の展示と、教室内の写真を掲示する予定です。
お気軽に、遊びにきてください。
詳しいことは、「雪華と、うふふ」のブログより、どうぞ。


追記:
想像していましたより、大勢の方にお越しいただき、驚いております。
無事終了しました。ありがとうございました。
貴重な体験となりました。

第一回社中展風景↓
f0083741_12134135.jpg


    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第二回牧山雪華社中展

日時:2008年12月23日(火祝)午後1時~午後7時 24日(水)午前9時~午後6時
場所:名古屋市営地下鉄鶴舞線原駅内地下道にあります「原ギャラリー」にて
入場無料。

前回と同じ場所でほぼ同じ要領で、第二回目を迎える準備をしております。
またまた、ぜひ足をお運び下さいますよう、よろしくお願いします。

追記:
今回は日本のいけばなの源流を見直そうという試みでした。前回とはまた違った印象になったのではないかと思います。
ご参加、ご高覧ほんとうにありがとうございました。

第2回社中展風景↓
f0083741_12231676.jpg


小学生のお仲間さんたち!がんばったね
f0083741_1224273.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



↓は、名古屋での教室風景です。
f0083741_12243088.jpg



雪華ホームページへ   
[PR]
# by Hi_sekka | 2008-12-30 17:45 | 教室風景

平成20年度旧七夕会池坊全国華道展

例年この時期に京都家元で催される、池坊最大最古の花展です。
2008年11月9日(日)・10日(月)高島屋会場にて、小品自由花を出瓶しました。

f0083741_12445512.jpg



f0083741_12453755.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2008-11-12 12:19 | いけばな作品集

いけばなの根源 池坊展 東京花展2008

「雪華ホームページへ」


平成20年5月11日(日)銀座松坂屋 7階催事場にて

礼式生のいけばなデモンストレーションを披露しました。たいへんたくさんのご来場ありがとうございました。

f0083741_12472828.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2008-05-19 21:28 | いけばなイベント

池坊もったいないプロジェクト In Kyoto

平成19年度(2007)旧七夕会池坊全国華道展での、青年部での大作自由花に参加いたしました。

2004年に京都議定書シンポジウム、2007年には地球環境フォーラムに参加し、環境問題、地球温暖化防止対策に触れ、華道人としてできることはないか・・・との考えから、この「もったいないプロジェクト」が生まれました。

普段は捨ててしまう「割り箸・小枝」を集めて、青年部一同・各支部の協力・事務局の応援らによって、ひとつの作品ができあがりました。この動きは全国各地に広まっています。

↓の写真は池坊ホームページより

[PR]
# by Hi_sekka | 2007-09-08 21:22 | いけばなイベント

「雪華いけばな倶楽部」設立しました。入部待ってまーす。

「雪華ホームページへ」


雪華オリジナルのいけばな写真の販売もしています。



詳しくは、「雪華いけばな倶楽部」へ、どうぞ。
[PR]
# by Hi_sekka | 2007-09-07 19:48 | 雪華いけばな倶楽部

私が主催しました、初の社中展!です。

2007年5月26日(土)27日(日)、名古屋市天白区原駅内「原ギャラリー」にて、社中展(教室内の小さな発表会です)を催しました。

みなさまの御協力のお陰で、立派な社中展になりました。感謝と感激でうるうる・・・。

f0083741_1203983.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2007-06-12 23:26 | いけばなイベント

初夏の立花習作

「雪華ホームページへ」


池坊いけばなには、大きく3種類の花型があります。

*立花  <りっか>  (正風体立花・新風体立花)
*生花  <しょうか> (正風体生花・新風体生花)
*自由花 <じゆうか>

↓立花。グリーンアンスリュームを真にして、初夏のさわやかなイメージにしたいと思いました。

f0083741_13111117.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2007-01-12 22:15 | 池坊いけばなのスタイル

秋の自由花習作

コスモスの愛らしさを全面に。根元は赤茶けたニューサイランで引き締めました。
↓自由花。


f0083741_13235723.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2007-01-11 21:47 | 池坊いけばなのスタイル

夏の生花習作

観葉植物でお馴染みのスパティラムを伝統的な生け方で。
↓生花です。

f0083741_13261671.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2007-01-10 21:43 | 池坊いけばなのスタイル

秋の自由花習作

↓自由花です。籠みたいな、ワッカをいっぱい集めて。秋たけなわに。

f0083741_13283446.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2007-01-09 21:38 | 池坊いけばなのスタイル

平成7年(1995)上野・東京都立美術館、花展出瓶作品

「雪華ホームページへ」


ドライの枝を漂泊したものをイカダ状にしたものと、プラスティック(黄色)のもので、同じくイカダ状にしたもので、造形しました。

f0083741_13311140.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2007-01-01 21:07 | いけばな作品集

平成10年(1998)支部創立50周年記念、青年部18周年記念、花展出瓶作品

★型の花器での自由花です。

f0083741_13364633.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2007-01-01 20:13 | いけばな作品集

平成18年(2006)旧七夕会池坊全国華道展出瓶作品

トリノ五輪やワールドカップサッカーで盛り上がった年でしたので、その感動を再びというテーマを掲げた、青年部会場での出品作品です。

f0083741_9115611.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2006-12-30 21:10 | いけばな作品集

平成5年(1993)上野・東京都立美術館、花展出瓶作品

写真では、効果が薄くて残念なんですが、水の中から、植物が自立して現れるように見えるはずなんですよ。ちょっと、不思議。

f0083741_13413063.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2006-12-11 22:12 | いけばな作品集

平成3年(1991)上野・東京都立美術館、花展出瓶作品

この黒いガラスの花器だけ、花展に2度登場しています。

f0083741_13433026.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2006-12-07 20:45 | いけばな作品集

平成5年(1993)支部創立45周年記念、花展出瓶作品

自由花の中作です。東京日本橋の旧東急デパートで催されました。

f0083741_13452576.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2006-12-07 20:27 | いけばな作品集

平成14年(2002)上野・東京都立美術館、花展出瓶作品

池坊東京連合支部花展として、東京都立美術館にて、毎年春・3月に催されています。

f0083741_1351223.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2006-11-20 20:04 | いけばな作品集

平成8年(1996)上野・東京都立美術館、花展出瓶作品

ビールの空き缶を利用して、作りました。今見ると、冷や汗です。

f0083741_13524183.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2006-11-16 21:05 | いけばな作品集

平成11年(1999)旧七夕会池坊全国華道展出瓶作品

四方から見られる位置での展示で、「自然調の自由花」というテーマのコーナーでした。

f0083741_1356042.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2006-10-27 20:13 | いけばな作品集

平成8年(1996)旧七夕会池坊全国華道展出瓶作品

家元(京都)での花展へ、初の出品。

f0083741_1358813.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2006-10-23 20:10 | いけばな作品集

1990年(平成2年)いけばな池坊展ー東都橘会支部・支部展

「しおさいの詩(うた)に想う」というサブタイトル。
ドライの珊瑚の種類のものに、青を着色したものを使いました。

f0083741_140379.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2006-10-17 17:26 | いけばな作品集

1990年(平成2年)東京都立美術館での第58回池坊展

初めての花展出品作品。

f0083741_142425.jpg

[PR]
# by Hi_sekka | 2006-09-23 23:06 | いけばな作品集